にんにく卵黄の効果って期待できるのか?

  1. 烏骨鶏通販うこっけいつうはん】HOME
  2. にんにく卵黄の効果って期待できるのか?

にんにく卵黄の効果って期待できるのか?

 

「にんにく卵黄の効果って期待できるのか?」と検索しているいる人がいます。

 

最近では、不規則な食生活を送る人が増加し、その結果、ちょっとしたことで疲れてしまったり、疲れがなかなかとれなかったりする人が増えているのではないでしょうか?

 

 

なので仕事やプライベートを充実させるためにも、疲労回復は大切ですよね。

 

 

それでは、なぜにんにく卵黄には、疲労回復効果があるのでしょう?

 

今回は、にんにく卵黄の疲労回復メカニズムや、疲労回復をサポートするにんにく卵黄の有効成分について、詳しく説明しますね。

 

 

   

 

にんにく卵黄のイメージ左から卵,キノコ,にんにく,玉ねぎ,卵黄,効果,効能の画像

▼送料無料!純血種烏骨鶏のにんにく卵黄「仙人力」はコチラ▼

にんにく卵黄ご購入で、産みたて烏骨鶏の生卵がプレゼント中です!

 

 

 

にんにく卵黄の効果が期待できる理由とは?

 

 

にんにくは血行を良くして代謝を上げて、パワーを与えてくれるスタミナ食品のひとつです。

 

そして卵黄は、アミノ酸が豊富に含まれており、免疫力をアップすることができます。

 

 

「にんにく卵黄」は、その二つの栄養素を同時に摂取できる便利な健康食品です。

 

 

ですので、にんにく卵黄の期待できる健康効果は、疲労回復やスタミナ増強、疲れにくい体質になれることなのです。

 

 

それでは、そのメカニズムを詳しく説明いたしましょう。

 

 

にんにく卵黄が疲労回復にいいのは、卵黄に含まれる栄養素「ビタミンB1」と、にんにくに含まれる成分「アリシン」のおかげなのです。

 

 

まず、ビタミンB1は、体の中でエネルギーが必要とされるときに使われるとても大事な「元気の素」です。。

 

 

詳しく説明すると、私たちの身体は、炭水化物を燃焼させてエネルギーに変えて利用しています。

 

そのときに活躍するのがビタミンB1なのです。

 

 

なので、ビタミンB1が不足するとエネルギーがうまく作れなくなります。

 

それどころか、本来であればエネルギーに替わるはずのブドウ糖が乳酸になり、疲労を引き起こす原因に・・・

 

その結果、バテやすく、疲れやすい身体になってしまうのです。

 

 

しかもこのビタミンB1、水溶性のため、すぐに体外へ排出されてしまいます。

 

たくさん摂ったつもりでも、一定量しか体内に吸収されないのです。

 

 

そこで活躍するのが、にんにくに含まれるアリシンです。

 

ビタミンB1とアリシンが結びつくと、「アリチアミン」という成分に変化します。

 

すると油に溶ける性質となり、腸から吸収され、体内でエネルギー代謝を助けてくれます。

 

 

つまり、にんにく卵黄を飲むことで通常よりもビタミンB1を多く体内に摂取することができるようになるのです。

 

 

にんにく卵黄なら、疲労回復に欠かせないビタミンB1と、その吸収を助けるアリシンを同時に摂れるため、高い疲労回復効果が期待できます。

 

にんにく卵黄はまさに疲労回復にとって一石二鳥。

 

これが、にんにく卵黄が疲労回復にいいといわれる理由なんですね。

 

 

このように、にんにくと卵黄にはそれぞれ有効成分が含まれており、単体でも ものすごいパワーを発揮してくれます。

 

 

ですが にんにく卵黄とは、単にこの栄養満点食品同士を組み合わせたものじゃないのです。

 

 

実は、にんにくと卵黄が組み合わさることによって生まれる有効成分があります。

 

 

それは、にんにくのニオイ成分であるアリシンと卵黄に含まれる脂質の一種であるレシチンの組み合わせで、抗酸化作用を高める脂質アリシンという成分に変化し、にんにくだけのときよりも、体内の活性酸素をやっつける効果がアップします。

 

 

パワーアップした抗酸化作用の働きによって気になる老化現象を食い止め、いつまでも若々しさをキープしていくことができるようになります。

 

 

また、この抗酸化作用によって、これから気になってくるシミやしわといった肌の衰えも防いでいくことができるのです。

 

 

にんにくと卵黄を別々に食べるよりもタッグを組み、にんにく卵黄のサプリでそれぞれのもつ効果を高めて摂取することで無理なく、そして簡単に健康をキープしていくことができるのです。

 

 

 
にんにく卵黄で素早い疲労回復を実現する
 

 

活性酸素ってご存知(ぞんじ)ですか?

 

「活性酸素」自体は、体内に侵入した細菌を取り除いたりと「免疫機能」としての役割もあるため、一概に悪い物質とは言えないのですが、増えすぎると「疲労」の他に「老化」の原因にもなり、さまざまな病気を引き起こすと言われています。

 

 

その疲労の原因の一つとも言われている「活性酸素」を除去する効果が、にんにくにあることが最近になってわかってきました。

 

 

それは原料のにんにくに強い抗菌・殺菌作用があるため、この活性酸素を分解し抑制化することができるからです。

 

 

また、にんにくの主成分アリシンと、卵黄のビタミンB1が結合してできた「アリチアミン」は、体の中に蓄積された疲労物質を素早く排出する効果があります。

 

なのでその効果が常に長い状態活発となり、糖分を効率的にエネルギーへ転換できるため、素早い疲労回復を実現するのです。

   

 

 
にんにく卵黄の秘密を科学的に分析
 

 

近年の研究によって、にんにくの食べ方の効果についてもさまざまなことが明らかになってきました。

 

江戸時代後期から明治にかけて滋養強壮の秘薬として考案され、今日まで愛用されている「にんにく卵黄」も、科学的に分析されています。

 

 

にんにく卵黄は、にんにくをよく茹でてからつぶし、卵黄を混ぜて煎るようにして水分を飛ばしてつくります。

 

にんにくの含硫成分はアリインGSACと呼ばれるアリインの前駆物質で、そのほかは繊維、炭水化物、タンパク質などの一般成分です。

 

 

一方 卵黄はタンパク質、レシチンを多く含む脂質、微量ですが貴重な脂溶性のビタミンA・Dを含みます。

 

レシチンは加齢に伴って血管壁に着いて動脈硬化の原因となるコレステロールなどを溶かし出す作用があります。

 

 

その結果、動脈硬化を防ぐことになるばかりか、不眠症や精力減退に対して改善効果を現すことになるのです。

 

 

にんにく卵黄の機能としては、アリイン、GSACおよびレシチンによる神経刺激糖・脂質代謝の活性化血管の若返りなどが挙げられます。

 

もちろん、卵黄は、偏食・小食の人の思わぬアミノ酸・ビタミン欠乏を補うのに役立つでしょう。

 

 

このように、人類の歴史とともに「体に良さそう」とされ、取り入れられてきたにんにくの秘密が、科学的な分析で次々に明らかにされています。

 

いまだ知られていないすごい機能が、今後見つかるかもしれませんね。

 

 

 
にんにくと卵黄の相乗効果で健康に!
 

 

にんにくと卵黄の効果の秘密いかがでしたか!

 

にんにく、卵黄に含まれる成分は、お互いに結びつくことでさらに高い効果を生みます。

 

疲労を回復し、美容やアンチエイジングにも効果的なにんにくと卵黄の組み合わせだったのですね。

 

 

さらに今回おすすめしているにんにく卵黄は、純血種烏骨鶏の卵を使用しています。

 

 

それは烏骨鶏のたまごに含まれる栄養が素晴らしいところになります。

 

 

ビタミンAは、うなぎの9.7倍鉄分は、ほうれんそうの9.6倍もあります。

 

 

今注目されているコリンDHAレシチンリノール酸リノレン酸も多く含んでいるからです。

 

 

これらは血圧の低下作用や脳・視神経の維持(いじ)、血液中のコレステロールを減らしてくれる作用があります。

 

 

また、たまごは それ自体が生命の源であり、たまごに含まれる成分がヒヨコの体を形成する元であります。

 

 

生命を造り上げるために必要なビタミン、ミネラル、アミノ酸が完全な形で含まれているのです。

 

 

おすすめのにんにく卵黄サプリが高い効果を生むのは、こういった理由があります。

 

あなたも毎日のサプリメントで、健康なからだづくりを目指してみませんか!

 

 

▼送料無料です!純血種烏骨鶏のにんにく卵黄はコチラ▼

にんにく卵黄ご購入で、産みたて烏骨鶏の生卵がプレゼント中です!

 

 

 

にんにく卵黄を常飲することで、さまざまな健康効果があります。

 

次は、にんにく卵黄の可能性をいくつか述べてみました。

 籠に入ったにんにくと烏骨鶏卵,その後ろに調味料の瓶が二つある画像  

にんにく卵黄で風邪・インフルエンザ対策?

 

 

ダラダラ流れる鼻水や鼻づまり、頑固な咳・・・

 

冬になると流行する風邪の症状やインフルエンザは、高熱や節々の痛さも加わって、本当につらいですよね。

 

 

さまざまな効果・効能で知られる、にんにく卵黄には、風邪やインフルエンザの予防効果もあるとご存じですか?

 

 

自然素材からできていて、手軽にさっと飲めるにんにく卵黄。

 

 

「いつも風邪を引いてばかり」

 

 

「インフルエンザにはかかりたくない」

 

 

風邪・インフルエンザの予防防止が欠かせない方には、心強い味方ですね!

 

 

では、なぜにんにく卵黄が風邪やインフルエンザの予防対策にいいのでしょうか?

 

 

 にんにく二個と二欠片の画像  
にんにく卵黄が風邪などの予防に!アリシンの殺菌作用
   

 

にんにく卵黄が、風邪やインフルエンザの予防に役立つとされる理由は、にんにくに含まれる成分・アリシンに「優れた殺菌効果」があるためです。

 

 

アリシンとは、にんにくや玉ねぎなどに含まれる、刺激・辛み成分のこと。

 

 

体内に入り込もうとする、ウイルスの侵入を阻止してくれたり、冑腸などに存在する雑菌を退治してくれたりする存在です。

 

 

玉ねぎを刻んでいて、目が痛くなって、涙が止まらなくなった経験はありませんか?

 

 

実は、あれもアリシンの仕業。

 

 

アリシンは体内でも攻撃力を発揮して、“いい仕事”をしてくれますよ。

 

 

ちなみにアリシンは、にんにくや玉ねぎの他、長ネギやニラ、らっきょうにも多く含まれています。

 

風邪予防のため、普段の食生活にも取り入れるといいですね。

 

 

 烏骨鶏卵黄の画像  
にんにく卵黄のもう一つの主原料、卵黄の効果
 

 

にんにく卵黄のもう一つの材料としての卵黄も、また、風邪をひきにくくする体作りには欠かせない栄養素を豊富に含んでいます。

 

 

卵といえば、まず思い浮かぶのがタンパク質でしょう。卵黄はタンパク質が豊富で、体力の低下や細胞の再生を活発にする働きがあります。

 

 

必須アミノ酸の含有量も膨大で、必要な栄養素のほとんどを一度に取り入れることのできる優秀な食品です。

 

 

たくさんの栄養素をまんべんなく摂取することのできる卵黄は、人間の体にとって理想的なエネルギー源となります。

 

 

このように、にんにくに含まれる、新陳代謝や疲労回復の効果、そして、卵黄に含まれる、豊富な栄養素が合体したものが、にんにく卵黄であります。

 

この2つの食品の持っているパワーを相乗効果のようにして発揮させるのですから、風邪をひきにくくする体作りができるというのも納得のいく話ですよね。

 

 

 
免疫力アップ効果で、風邪・インフルエンザの予防対策
 

 

また、にんにく卵黄には、風邪などの予防に役立つ「免疫力アップ効果」もあります。

 

 

季節の変わり目になると風邪を引く人もいれば、一年を通して無縁の人もいます。

 

 

その違いは何かというと、「その人が持っている免疫力の違い」なんですね。

 

 

風邪ウイルスが侵入してきても、免疫力が十分に働けば大丈夫。

 

 

でも、食生活の乱れや睡眠不足・ストレスによって、免疫力がダウンすると、ウイルスにつけ入るスキを与えてしまって、結果的に、風邪を引きやすくなります。

 

 

そこで役立つのが、にんにくを長期熟成してできる「S-アリルシステイン」成分。

 

免疫力アップ効果で、「最近、風邪を引きやすくなったな」というあなたにピッタリです。

 

 

ただし、すぐには変わりません。

 

しかも、にんにく卵黄は薬ではなく、健康食品。

 

 

派手な変化はないかもしれませんが、徐々に、マイルドに身体に働きかけていきます。

 

根気よく飲み続けることで、風邪を引きにくくなることが多いのは、そのためなんですね。

 

 

 

血小板の流れる画像  

にんにく卵黄で血のめぐりをスムーズにして、血行改善
 

 

次に、風邪・インフルエンザ予防にいい理由は「血のめぐりをよくしてくれる」こと。

 

 

にんにく卵黄には、ビタミンEが豊富に含まれています。

 

ビタミンEには末端の血行障害を改善する働きがあり、身体の隅々にまで、血液を行き渡らせてくれます。

 

 

たとえば、冬になるとドラッグストアに並ぶハンドクリーム。

 

「ビタミンE配合」と書かれたものを、よく見かけませんか?

 

 

これは、ビタミンEを塗り込むことで血行を改善するから。

 

その結果として、手荒れ改善効果が期待できるんですね。

 

 

健康な身体を保つには、栄養素が隅々まで届き、不要なものを捨てることが大事。

 

つまり、血のめぐりがスムーズであることも、風邪の予防には欠かせませんね。

 

 

にんにく卵黄を飲んでいる人が、風邪をひかない、風邪をひきにくい丈夫な体になるというのは、その最強の組み合わせの食品が、それぞれ持っている力 以上のパワーや効果を組み合わせて食べることによって、何倍にもなって発揮することができるからなのです。

 

 

風邪の季節にはにんにく卵黄、このキーワードをしっかりと覚えてみてください。

 

そして風邪の辛い時期になったら、「烏骨鶏のにんにく卵黄」を摂取してみましょう。

 

 

 
たかが風邪、されど風邪!早めの予防ケアが肝心です!
 

 

インフルエンザというと、「高熱が出てしんどい」「身体のあちこちが痛い」など、一度でもかかってしまうと、とにかく大変な病気というイメージがあるようです。

 

おそらく多くの人が、病院に行ってお医者さんの診察を受けることでしょう。

 

 

ところが風邪というと、「病院に行く時間がない」「きっとそのうち治るはず」と、栄養ドリンクに頼ったり、市販の風邪薬を飲み続けたりしている方も多いようです。

 

(※風邪薬と栄養ドリンクの組み合わせが悪く、症状が悪化してしまう人も・・・)

 

 

しかも、風邪を引くとさらに体力が低下し、ますます、風邪を引きやすい身体になります。

 

「風邪は万病の元」と昔からいわれるくらい、あらゆる病気を引き起こしてしまう原因。

 

 

たかが風邪、されど風邪。

 

大きなトラブルになる前に、早めのケアを心がけましょう。

 

 

そもそも、風邪を引かないことが一番ですから、栄養豊富な「烏骨鶏のにんにく卵黄」を活用し、風邪やインフルエンザにかかりにくい、元気な身体づくりを心がけてくださいね。

 

 

 すり鉢に沢山のにんにくと烏骨鶏の卵黄画像,少しにんにくがすり棒でつぶされている  

にんにく卵黄が冷え性対策に?

 

 

注目したいのが、冷え性の改善効果に期待できる、にんにく卵黄。

 

冷え性を解消して、快適な毎日を送るためにも、賢く利用したいものですね。

 

そこで今回は、なぜにんにく卵黄が冷え性対策になるのか、その理由を紹介します!

 

 

まずは、冷え性を引き起こす原因をチェック!

 

冷え性を引き起こす原因で、特に注目すべきは「自律神経の乱れ」「血行不良」です。

 

 

 
自律神経の乱れで、体温調節機能が不調に!
 

 

私たちの身体は、意識しなくても体温がほぼ一定に保たれています。

 

これは、自律神経が体温調節をしてくれているからですね。

 

 

ところが、自律神経はとてもデリケートなのです。

 

不規則な生活やストレスなどが引き金となり、バランスが乱れてしまうのです。

 

 

すると、「体温を上げる」という指令がスムーズにいかず、結果的に「冷え」ということに、つながってしまうわけです。

 

 

 
血行不良により、熱がうまく行き届かない!
 

 

筋肉によって生み出された熱は、血液によって全身へと広がっていきます。

 

そのため、もし血行が悪くなってしまうと、熱がうまく運ばれません。

 

特に末端への血流が滞ってくると、手足の冷えにつながるんですね。

 

 

 
血の流れを良くし、自律神経をコントロール!
 

つまり、「血行を良くする」「自律神経のバランスを整える」この2つがポイント。

 

そこで役立つのが、血行をスムーズにし、自律神経のサポートをするにんにく卵黄です。

 

 

 
にんにく成分「アリシン」が血行をスムーズ!
 

にんにく卵黄が冷え性対策になるのは、にんにくの成分・アリシンのおかげ。

 

アリシンには血管を拡張したり、血液が固まるのを防き、血栓をできにくくしたりする作用があります。

 

 

そのため、にんにく卵黄を飲み続けることで、血液の流れが少しずつスムーズに。

 

だから、にんにく卵黄を飲めば、冷え性の解消につながるんですね。

 

 

 
にんにく卵黄が自律神経をやさしくサポート!
 

 

自律神経のバランスを保つには、血液中に「アセチルコリン」という成分が多く含まれている状態が理想です。

 

 

卵黄の中には、卵黄コリンという成分が含まれています。

 

実は、この卵黄コリンこそが、アセチルコリンの大切な材料。

 

 

ですから、にんにく卵黄を飲むことにより、血中のアセチルコリン量がアップ。

 

自律神経のバランスが整うので、にんにく卵黄が冷え性対策になるというわけです。

 

 

冷え性が長く続くと、身体のあちこちが痛くなったり、太りやすくなったり、肌荒れにもつながったり。

 

さらに、婦人科系の不調に悩まされることがあります。

 

 

冷え性の本当のつらさは、その後にやってくる「身体の不調」なのかもしれませんね。

 

 

もちろん、暖房で温めたり、対策グッズで冷えを取り除いたりすることも大事。

 

でも、根本から解消しなければ、もっと大きなトラブルにつながるかもしれません。

 

 

その点、にんにく卵黄なら、ただ「飲むだけ」とお手軽。

 

しかも、身体の中に働きかけて、冷え性を解消してくれます。

 

といっても、数回飲むだけでは、冷え性対策にはなりません。

 

 

毎日コツコツと、にんにく卵黄を飲み続けて、冷え性を解消しておきましょう!

 

 

 血管に血液が詰まっている画像文字もドロドロと入っているイメージ画像  

【妊活/妊娠/不妊/疲労回復/免疫力向上】

 

▼送料無料!純血種烏骨鶏のにんにく卵黄「仙人力」はコチラ▼

にんにく卵黄ご購入で、産みたて烏骨鶏の生卵がプレゼント中です!

 

 

 

にんにく卵黄がなぜ脳梗塞予防に?脳梗塞の原因とは?

 

 

血液には、血が流れ出るのを防ぐ、止血作用があります。

 

子どものころ、遊んでいてころんでケガをしたときに、血が固まって、かさぶたができましたよね。

 

あれこそが、「止血作用」なんです。

 

 

ところが、このかさぶたが血管の内側にできると、「血栓」というやっかいな存在になります。

 

というのも、大きな血栓になると、血液が流れるのをじゃましてしまうから。

 

 

その結果、体のすみずみまで酸素や栄養がうまく供給できなくなってしまうのです。

 

 

この血栓こそ、脳梗塞の原因。

 

 

特に、加齢やバランスの悪い食生活などによって動脈硬化が進行すると、血管がせまくなります。

 

すると血管の内側の壁に傷ができやすくなり、血液の流れを完全に止めてしまうような、大きな血栓になってしまいます。

 

このような血栓が脳の血管内にできることで、脳梗塞を引き起こす原因になるというわけです。

 

 

若いうちは血栓が多少できても、血管に柔軟性があるため、さほど大きな問題ではないと、考えられています。

 

ところが年齢を重ねることで血管も老化するため、血管が次第に硬く、全体的に細くなっていきます。

 

 

また、脂っこいものを多く食べると、血液の粘度が高くなり「ドロドロ血」に。

 

これも脳梗塞の原因となるので、正しい食生活を心がけましょう。

 

 

にんにく卵黄が脳梗塞の予防対策に効果的な理由とは?

 

では、なぜにんにく卵黄が脳梗塞の予防になるのでしょうか?

 

 

脳梗塞の原因を見ても分かるように、脳梗塞の症状が出ないように脳梗塞を予防するには、血液の流れを滞らせず、血栓ができるのを予防しておくことが大事。

 

そこで役に立つのが、にんにく卵黄に含まれる「アリシン」なんです。

 

 

にんにく卵黄の有効成分として有名なアリシン、これはにんにくや玉ねぎ、らっきょうなど主にネギ科の植物に含まれています。

 

このアリシンを加熱すると、「アホエン」という物質に変化し、血栓ができることを防いだり、血管を詰まらせる原因となるコレステロール値を抑えたりする役目を果たします。

 

 

ただ、にんにくだけを食べて、脳梗塞の予防効果を得るには、毎日5gのにんにくを食べる必要があると言われています。

 

 

5gというと、にんにく1~2片。

 

 

たまになら食べられても毎日、食べ続けるとなると大変です。

 

 

でも、サプリメントであるにんにく卵黄なら大丈夫!

 

手軽にさっとにんにくを摂れるで、脳梗塞予防もできて助かりますよ。

 

 

毎日の健康習慣で、脳梗塞の予防を心がけたいものですね。

 

 

 

にんにく卵黄が心臓病の予防に?

 

 

さまざまな病気を防ぐ効果が期待できるにんにく卵黄。

 

実は「心臓病の予防対策にも良い!」と言われています。

 

 

心臓病は現在、先進国の多くが死因トップになるほど。

 

残念なことに日本においても、死因2位となっています。

 

 

危険な時期としては、11月頃から3月頃。

 

心筋梗塞になると、心臓の血管が詰まって突然死につながることがあります。

 

 

月別の死亡者数をみると、11月頃から増え始め、1~2月にピークを迎えます。

 

3月までは増えたままで、4月以降になると減ると、国の調査でわかっているそうです。

 

 

寒い時期には、風邪やインフルエンザなどを気にするだけではだめだと言う事ですね。

 

心臓病にならないよう、しっかり予防対策をすることが、健康的に長生きするための、一つのカギとなりそうです。

 

 

 
心臓病の症状とは?代表的な病気の種類について
 

 

そもそも、心臓病とはどのような病気なのでしょうか?

 

 

心臓病には、狭心症や心筋梗塞・心室細動・房室ブロックなど、多くの病気があります。

 

特に多いのは、虚血性心疾患に分類される「狭心症」と「心筋梗塞」。

 

まずは、この2つの心臓病の具体的な症状を紹介しましょう。

 

 

※代表的な心臓病:狭心症とは?

 

 

狭心症になると、心筋への血液供給が一時的にストップ。

 

胸が締めつけられるような痛みの発作が起こります。

 

 

ただし、痛みの感覚は、人によっていろいろ。

 

押しつぶされるような、痛みを感じる人もいれば、息が詰まるような、しびれるような痛みを感じる人もいます。

 

なお、胸の痛みはほぼ2~3分で治まり、長くても15分程度と言われています。

 

 

狭心症の痛みが起こるのは、肉体的・精神的な活動が高まったとき。

 

たとえば、走ったり、階段を上ったり下ったりしたときや、怒ったり、入浴したりしたときなどが多いそうです。

 

ただし、安静時に痛みが起こることも。その場合は痛みも強く、長く続くのが特徴です。

 

 

※代表的な心臓病:心筋梗塞とは?

 

 

心臓病の一つ、心筋梗塞は、突然の激しい胸の痛みから始まります。

 

 

狭心症とは対照的に、活動しているときに起こるケースは少なめ。

 

安静時や就寝中など、活動していないときに、発作に襲われることが多いのが特徴。

 

痛みも長く、30分から数時間続くこともあります。

 

 

さらに、心筋梗塞で痛む場所は、何も胸だけとは限りません。

 

みぞおちや左肩・左腕の他、離れた首やあごの箇所にまで、痛みが及んでしまう(これを放散痛と言います)ことも。

 

また、痛みの程度もかなり強く、死への不安や恐怖感が伴います。

 

 

   
心臓病の代表格・狭心症と心筋梗塞の原因とは?
 

 

心臓病を代表する、狭心症と心筋梗塞。その主な原因は、動脈硬化と言われています。  

この動脈硬化を招いてしまうのは、偏った食事や日頃の運動不足、喫煙や飲酒など。

 

生活習慣の違いによって、動脈硬化の進行に差がつきます。

 

 

たとえば、動物性脂肪の多い高カロリーな、食事を食べ続ければ、どうなるでしょうか?

 

 

たしかに、こってりした食事もたまには美味しいもの。

 

でも、度合いが過ぎると、血中の悪玉コレステロールや、中性脂肪が徐々に増え、過酸化脂質も蓄積されていきます。

 

それらが血管壁に付着すると、血管を詰まらせたり、血管を破ったりする原因になるのです。

 

 

動脈硬化は、加齢とともに進行します。

 

一種の老化現象とも言えます。

 

しかし動脈硬化は、突然あらわれるものではありません。

 

 

実は若いころから始まっています。

 

私たちは身体の中を見ることはできません。

 

でも、見えないところで着実に、動脈硬化は進んでいるのです。

 

 

そして、40歳を過ぎる頃に症状があらわれ、初めて動脈硬化の進行を知ることがほとんど。

 

動脈硬化を予防するには、早目の対策が必要。日頃の生活習慣を見直し、心臓病にならない食生活や、適度な運動を心がけましょう。

 

 

   
にんにく卵黄が心臓病予防に効果的な理由とは?
 

 

ではどうして、にんにく卵黄が心臓病予防に効果的なのでしょうか?

 

 

心臓病対策には、コレステロールの血管へのこびりつきを防ぎ、動脈硬化を予防すること。

 

そこで役に立つのが、にんにく卵黄に含まれる「アリシン」と「卵黄レシチン」なんです。

 

 

※にんにく卵黄の心臓病予防に「アリシン」

 

 

アリシンとは、にんにくやたまねぎに含まれる成分のこと。

 

独特のにおいや辛みの正体で、血液の流れをスムーズにする効果が期待できます。

 

血液中の脂質を減らしてくれる効果もあると言われているため、動脈硬化を防ぐには、ぜひとも摂っておきたい成分です。

 

 

※にんにく卵黄の心臓病予防に「卵黄レシチン」

 

 

にんにく卵黄の材料である卵黄には、乳化作用をもつ「卵黄レシチン」が含まれています。

 

乳化作用とは、水と油をくっつける働きのこと。

 

マヨネーズが分かりやすい具体例ですね。

 

 

この乳化作用により、血管壁に付着している悪玉コレステロールが溶け出します。

 

その結果、血液がスムーズに流れやすくなるのです。

 

 

心臓病を予防するには、丈夫な血管を保ち、血液をうまく循環させることが大切。

 

 

ところが、現代社会においては、血液がドロドロ状態になっている人が、実に多いのです。

 

まずは、日頃の生活習慣をしっかり見直してみましょう。

 

その上で、心臓病の予防の効果が期待できる、にんにく卵黄の力もうまく使って、健康的な毎日を送ってくださいね。

 

 

 

にんにく卵黄で免疫力の向上?

 

 

にんにくと卵黄を一緒に摂取することで得られる「アリチアミン」は、体の免疫力を高める効果を持っています。

 

 

特に、リンパ球の働きを高めるのでウイルスや細菌などの病気の原因菌を排除する力が上がり、風邪やインフルエンザ予防にも絶大な効果が期待できます。

 

 

また、にんにくに含まれるアリシンには、チフス菌、赤痢菌、肝炎ウイルスといった危険なウイルスや菌をも一瞬で死滅させるほどの強力な殺菌力があるため、昔から肉や生魚の付け合わせとして重宝されてきました。

 

 

お客さまからも、「風邪をひきにくくなった」「花粉症が楽になった」など、免疫力アップ効果を実感する喜びの声をたくさんいただいています。

 

 

それでは、なぜ、免疫力アップに 烏骨鶏卵のにんにく卵黄が役立つのでしょう?

 

 

今回は主な理由を3つお伝えします。

 

ぜひ最後までお読みくださいね。

 

 

 
烏骨鶏卵にんにく卵黄のアリシンがウイルス撃退をサポート!
 

 

にんにくを切ったりすり下ろしたり、にんにくの細胞が破壊されると、細胞中に含まれるアリインと酵素が反応し、「アリシン」ができます。

 

 

アリシンは、菌やウイルスを退治するナチュラルキラー細胞(NK細胞)を、活性化してくれるなど、免疫力を高める上で、大きな役割を果たしています。

 

 

このアリシンこそ実は、にんにくから出る独特のにおい成分の正体。

 

たしかに、悪いものを退治してくれそうな印象がありますよね。

 

 

弊社のサプリメントは製造過程でにんにくを無臭化します。

 

 

でもこの無臭化の行程でにんにく本来のパワーを壊してないか?

 

これが問題でした。

 

 

完成した無臭にんにく。

 

 

数日間放置すると芽がでてきます!

 

 

生きているから「活性無臭にんにく」なのです。

 

そのため、健康パワーもさらにアップしているので、心強いですよ!

 

 

 
卵黄が自律神経のバランスを整える!
 

 

免疫力低下の原因の一つに、自律神経バランスの乱れがあります。

 

 

現代人は過労や過度なストレスにより、交感神経が優位になりがち。

 

その結果、自律神経のバランスが乱れ、免疫力を低下させる原因に…。

 

 

 
腸内の不要なものを老廃物がごっそり掃除!
 

 

免疫力をしっかり保つには、腸内環境を整えておくことも欠かせません。

 

腸は体内にあり、ウイルスなど外敵の侵入を食い止める、最大の免疫器官。

 

「腸の調子が免疫力の状態を決めている」といっても、過言ではありません。

 

 

腸内環境を整えるには、ビフィズス菌を含むヨーグルトを食べるなど、善玉菌を増やす食生活が大事。さらに気をつけるのがスムーズなお通じ。

 

 

女性の場合は、便秘気味の方が多く、腸の中に不要なものが溜まりがち。

 

そこで活躍するのが、腸内にこびりついた老廃物をごっそり絡めとり、体外へするりと排出してくれる「烏骨鶏卵のにんにく卵黄」なんです。

 

 

飲まれた方の多くが「飲んだ翌日のドッサリ!」に驚かれるようです。

 

それだけ、普段から溜め込んでしまっているということなんですね。

 

 

 
烏骨鶏卵のにんにく卵黄を味方につけて免疫力アップ!
 

 

免疫力が低下すると、風邪やインフルエンザにかかりやすくなるだけでなく、がんをはじめとした、生活習慣病にかかるリスクも高くなってしまいます。

 

 

年齢を重ねることで、免疫力が少しずつ落ちていくのは仕方ないこと。

 

でも、できるだけ免疫力が下がらないように食い止めたいですよね。

 

 

にんにく卵黄なら、毎日飲むだけ。

 

いつでも手軽に始められます。

 

にんにくが入っているので、疲労回復の効果ももちろん、期待できますし、朝すっきり目覚められるようになる、お客さまも多いようです。

 

 

免疫力をアップさせて、ますます元気な毎日を送りたいあなたは、にんにく卵黄始めてみてくださいね!

 

 

皆さんの元気と、毎日の笑顔を願って贈る、烏骨鶏卵のにんにく卵黄「仙人力」です。

 

 

 

にんにく卵黄で「ガン」予防効果?

 

 

そして、烏骨鶏卵のにんにく卵黄の注目すべきは「ガン」への予防効果です。

 

 

アメリカの国立がん研究所では、ガン予防の効果のある食べ物として「にんにく」をダントツ1位の最重要研究対象と位置付けています。

 

 

1990年に米国国立ガン研究所によって「デザイナーフード計画」という計画がスタートしました。

 

これは、「ガン」を食事により予 防できるのではとの仮説をたて、膨大な量の疫学調査のデータを集め、予防に効果有る食品および食品成分約40種類をピックアップし、その重要度に合わせて、ピラミッド型の図を作ったのもです。

 

 

その食品のピラミッドの頂点に位置するのが、「にんにく」です。

 

 

にんにくに含まれる「ジアリルトリスルフィド」という成分が、ガン細胞を攻撃して除去する効果があることがわかったためです。

 

 

がんは年々患者が増えていて、死亡率が高い非常に危険な病気です。

 

 

現在では2人に1人が「ガン」になり、3人に1人が「ガン」で亡くなっていると言われています。

 

 

日本人の死亡率も圧倒的1位が「ガン」であることから、医療業界もがんを予防する方法を長年研究していますが、残念ながら有効な手立てはまだ見つかっていません。

 

 

そんな恐ろしい「ガン」が、にんにくを摂取することで予防できるというのはすごいですよね。

 

 

これだけでも烏骨鶏卵のにんにく卵黄を飲む意味があるのではないでしょうか!

 

 

 
烏骨鶏卵のにんにく卵黄がガンの増殖を防ぎ細胞を正常化!
 

 

烏骨鶏卵のにんにく卵黄には多くの健康効果があることがわかりましたが、さらににんにく卵黄は大腸ガンの予防にも役立つと言われているんですよ。

 

なぜなら、にんにく卵黄には免疫力を高める効果があるからです。

 

 

ニンニクを食べると抗酸化作用によって免疫力も高まることが知られているのですが、免疫というのは体にとって異質なものに攻撃をし、排除する仕組みのことです。

 

免疫細胞としては、白血球やリンパ球、マクロファージなどがあります。

 

 

体にとって異質なものとは、細菌やウイルス、カビなどもそうなのですが、ガン細胞も体にとっては異質なものと言えます。

 

そのため、免疫力が高まることによってガン細胞に対する攻撃力も高まった結果、ガンの予防に繋がるというわけです。

 

 

 
にんにくのガン予防効果が認められている!
 

 

ガンと食品との関係について、専門機関でも研究がすすめられています。

 

 

国立がん研究センター/がん対策情報センターが「日本人のためのがん予防法」として、食物関連要因とガンの関連についてまとめられた表が掲載されているのですが、その中でにんにくは大腸ガンのリスクを避ける可能性が高い食品として掲載されています。

 

 

にんにくのほかに、食物繊維や牛乳、カルシウムサプリメントも大腸がんのリスクを下げる可能性が高い食品として挙げられています。

 

 

特に、にんにくにしか含まれていないS-アリルシステインという成分には注目です。

 

海外の研究でも、国内の件く急でもにんにくがガン予防に効果があることを示唆する研究結果があることで、信頼性がありますね。

 

 

 

にんにく卵黄は目の症状を予防する?

 

 

目の網膜には、物の形や明暗、色彩などの情報を受け取るたくさんの感覚細胞があります。

 

人間がキャッチする情報の約80%以上は目から収集しているといわれるほど大きな役割を果たしているため、その分、多くの栄養を必要としています。

 

 

まず烏骨鶏卵のにんにく卵黄に含まれるビタミンAは、目の角膜や周辺筋肉の生成に大きく関わっています。

 

にんにく卵黄には目の粘膜を保護し、網膜の状態を良く保つ働きがあり、眼の老化防止や視力低下予防に有効といわれるビタミンAも豊富なんです。

 

 

次にずにんにく卵黄に含まれるビタミンB群は、目薬の成分にもよく使われており、眼の疲れを良くすることで知られます。

 

そんなビタミンBは新陳代謝を活発にする役割もあります。

 

 

その理由は目の疲労の原因の一つに、代謝が悪いというものが有ります。

 

 

目の細胞は古いままだと疲労が蓄積しやすくなり疲れやすくなってしまうそうです。

 

そこに、ビタミンBが大きな効果を果たしてくれます。  

 

さらに、にんにく卵黄に含まれるビタミンDは、眼の機能の活性化に効果があるとされています。

 

 

にんにく卵黄の卵に含まれている「ルテイン」が眼精疲労に良い成分と言われています。

 

 

ルテインを摂取することによって、青色光を防いでくれる効果があります。

 

たとえばスマートフォンやパソコンの光を浴びた目の疲れを和らげてくれるサングラスのような役割をしてくれます。

 

 

また、ルテインは目に良い効果がまだあります。

 

 

それは「ルテイン」が加齢による白内障の発症率を下げる効果があります。

 

 

緑黄色野菜もルテインが多い食品ですが、卵のルテインは ほうれん草の3倍も吸収率が高くなっています。

 

 

目を酷使すると、活性酸素がたまり、視力が落ち白内障になる可能性があります。

 

ルテインは抗酸化物質なので、増えすぎてしまった活性酸素を減らし、健康な目を維持してくれます。

 

 

そこで、ルテインが多く含まれている卵を食べると目の疲れを軽減します。

 

 

東洋医学の世界では、「肝臓と腎臓の不調は眼にあらわれる」といわれるほど、密接な関係にあるとされています。

 

特に肝臓は「血の貯蔵庫」といわれるように、体中の血液の老廃物を分解・解毒して、腎臓に送り、尿中に排泄することによって血液を浄化します。

 

 

また、きれいになった血液に栄養を与える役割をもっています。

 

にんにく卵黄のにんにくが腎臓に与える機能には、血圧を上昇させるホルモンの抑制、ナトリウムの再吸収の抑制などがあり、尿量を増やし、血圧を下げる働きもあるのです。

 

 

にんにくの栄養成分であるアリインやスルフィドは、肝臓や腎臓の働きを整えます。

 

 

また、血糖低下作用を介して、眼精疲労、目の老化、白内障、飛蚊症(目の前を蚊が飛ぶように見える症状)など、目にあらわれるさまざまな症状を予防し、視力低下から目を守ってくれます。

 

 

 
急激な視力低下を放置しておくのは禁物
 

 

今、パソコンや携帯電話などの普及に伴って、眼精疲労に悩まされる人が増加しています。

 

 

目の奥が痛む、チカチカする、充血するなど症状はさまざまなようです。

 

人によっては目の症状だけでなく、首や肩のこり、頭痛、吐き気などを伴う場合もあります。

 

 

また、急激な視力低下は、白内障(目の中でレンズの役割をする「水晶体」が濁る病気)の疑いもあるため、単なる目の疲れと思い込んで放置しておくのは禁物です。

 

 

そこで烏骨鶏のにんにく卵黄で予防するのはどうでしょうか!

 

 

目の疲れ予防以外にもいろいろ期待できる、烏骨鶏卵のにんにく卵黄!

 

大切な家族のために毎日の習慣おすすめします。

 

 

 

にんにく卵黄は肝臓機能を助ける!?

 にんにく卵黄のイメージ左から卵,キノコ,にんにく,玉ねぎ,卵黄の画像  

 

にんにく卵黄は、肝臓の機能をサポートする為にうってつけの商品と言えます。

 

 

Check!にんにく卵黄は、そんなおつかれなあなたにオススメな食品です。

 

日頃からお酒を呑む機会が多いというあなた・・・

 

アルコール摂取量が増えるシーズンがあるというあなた・・・

 

生活習慣病、高血圧に悩んでいるあなた・・・

 

メタボ、太り気味というあなた・・・

 

ぐっすり眠っても、次の日に疲れがなかなか取れないというあなた・・・

 

 

このような人達には、にんにく卵黄を摂取することで、症状が改善できる効果が期待出来ますので、定期的に摂取をすることをオススメします。

 

 

特に、肝臓の働きは一度鈍ると回復が大変ですので要注意!

 

 

休肝日を作ることと合わせて、肝臓機能をサポートするにんにく卵黄を試してみましょう。

 

 

 
肝臓に負担をかけ続けると・・・
 

 

肝臓は「沈黙の臓器」といわれています。

 

 

忙しく働く肝臓ですが、実はその能力にはまだまだ余裕があるのです。

 

ですので、病気などで多少障害を受けても、平然と働き続けることができます。

 

 

そのため、その異常がよほど悪くならない限り、症状として出てこないのですね。

 

しかし、働き者の肝臓にも限界はあります。

 

 

過度のアルコール摂取、過度の栄養(脂肪)摂取を繰り返すと、肝細胞が破壊され、肝機能に異常が生じてきます。

 

 

肝障害の主なものは、脂肪肝、急性肝炎、慢性肝炎、肝硬変、肝臓がん

 

 

この中で一番多くて、一番軽いのが「脂肪肝」です。

 

 

読んで字のごとく、肝臓に脂肪がたまる病気で、過度のアルコール、肥満、内分泌異常などが原因で、初期はほとんど自覚症状がありません。

 

 

でも、放っておくと肝硬変や肝臓がんに至る可能性もあります。

 

 

健康診断などでおこなう血液検査で、肝機能に関する「AST(GOT)・ALT(GPT)」の数値(正常値は30以下)をよくチェックするようにしましょう。

 

 

お酒をよく飲むあなたは「γ-GTP」(ガンマGTP)という数値(正常値は男性:50以下、女性:30以下)もチェックしてみてください。

 

 

 
にんにく卵黄の成分が肝臓を助ける!
 

 

にんにく成分【アリシン】が肝臓の代謝機能をサポートします。

 

ビタミンB1は、肝臓で食べ物の炭水化物がブドウ糖に変換される(代謝)時に必要な補酵素です。

 

 

しかしこのビタミンB1は、たくさん摂っても体は一度に大量に保持できず、余分な分はすぐに体外へ排出されてしまいます。

 

そのため、常に補給する必要があります。

 

 

でも、にんにく成分【アリシン】がビタミンB1と結合してできる【アリチアミン】は、ビタミンB1と同じ働きをしながらも、長く体内にとどまれる性質を持っています(活性持続型ビタミンと呼ばれています)。

 

 

つまりアリチアミンのおかげで、肝臓の糖代謝を効率よくおこなうことができるようになります。

 

 

また、【アリシン】は、胃腸の働きを活発にして、胃酸や膵液とともに消化液となる胆汁の分泌も促します。

 

 

さらに卵黄成分【レシチン】が肝機能を高める効果があります。

 

卵黄に豊富に含まれる【レシチン】は、細胞についた余分な脂肪を溶かし出す働きがあります。

 

 

ですので、脂肪肝になるのを予防したり、すでに脂肪肝で、肝臓にくっついてしまった脂肪を溶かし出し、肝臓の機能を正常化させるのに役立ちます。

 

 

肝臓はギリギリまで弱音を吐かないので、症状を自覚したときには手遅れ・・・

 

なんてことにならないように、普段から肝臓をいたわってあげることが大切ですよね。

 

 

お酒が好きな方、夜のお付き合いが多い方、脂肪肝が気になるあなたはぜひ、にんにく卵黄を毎日飲む習慣をつけてはいかがでしょうか!

 

にんにく卵黄には肝臓の働きをサポートする成分がたくさん含まれていますからね。

 

 

 

にんにく卵黄でほうれい線が消える!?ダイエット効果も!?

 

 

なかなかにんにくを毎日食べるっていうのは難しいですよね。

 

特に女性は臭いが気になるからほぼ食べない人が多いみたいですね。

 

そんな人の疲れを回復するには、臭いがほとんどない烏骨鶏卵のにんにく卵黄がおすすめなんです。

 

 

にんにく卵黄と言えば、滋養強壮・疲労回復のためのサプリメントというイメージがあると思います。

 

実は、にんにく卵黄には、お肌にも嬉しい効果があります。

 

 

なぜ、にんにく卵黄がお肌に良いのかと言うと、にんにく卵黄にはビタミン類が豊富に含まれているからです。

 

ビタミンは食べる化粧品とも言われるほどで、絶大な効果を発揮するのですよ!

 

 

その効果は「シワやシミの防止、解消」があり、「ハリつやを取り戻す」ことができます。

 

 

これをサプリとして飲むことで、その効果に即効性があるので、効率良くビタミンを摂取することができます。

 

体の不調が気になって飲み続けていたら、ついでにほうれい線も消えたなんて口コミもあるほどです。

※ほうれい線の効果には個人差があるようです。

 

 

また、にんにくのアリシンと、卵黄に含まれるレシチンという成分が結合することで、脂質アリシンがつくられます。

 

 

この脂質アリシンは、からだの老化を防ぐはたらきがあります。

 

からだの老化は、主に活性酸素の作用。この活性酸素のはたらきを妨げる抗酸化作用が期待できるのです。

 

 

そんなにんにく卵黄ですが、40代、50代など、体の不調が気になってくる年代向けのものというイメージがあり、若い人が飲んでも効果が感じられないんじゃないのなんて思っている人も多いと思います。

 

ですが、20代、30代の、お肌の曲がり角と言われる年代のあなたにも、にんにく卵黄はおすすめなのですよ。

 

 

 
烏骨鶏卵のにんにく卵黄でダイエット!?
 

 

「そろそろ本気で痩せたい!」とダイエットに励んでいる方も多いのではないでしょうか。

 

 

糖質制限ダイエットやヨーグルトダイエットetc・・・。

 

あれこれ試してみても、結局続かなかったり、ムリをして体調を崩してしまったり、なかなかうまくいかないことが多いのも現実ですよね。

 

 

痩せたいからといって、ダイエットのために極端な食事制限をしてしまうと、ガマンとストレスでリバウンドをする可能性も。

 

そのうえ極端な食事制限は栄養バランスが偏りがちなので、健康的な美しさがなくなることも心配です。

 

 

そんな悩める女性の救世主的食材なのが「にんにく卵黄」です。

 

 

では、にんにく卵黄が健康的なダイエットに最適な理由(ワケ)を詳しくみていきましょう。

 

 

卵黄のアミノ酸の中にリパーゼ(脂肪を分解する酵素のこと)という成分が含まれています。

 

リパーゼは運動をしなければ分泌されない成分ですが、卵を食べるだけでその成分が取れます。

 

 

ダイエットに必要なのは、1にも2にも脂肪を燃やすこと。

 

脂肪が燃えやすい体をつくることがダイエットの近道なのは、ご存知ですよね。

 

 

人間の体が脂肪を燃やすのは、糖をエネルギーに変えるため。

 

それを促進するのがビタミンB1という成分なんです。

 

 

にんにくに含まれる「アリシン」という成分は、体内にこのビタミンB1を取り込むサポートをする成分です。

 

しかも、にんにく自身がビタミンB1を含んでいるので、にんにく卵黄サプリを飲み続けることで、脂肪の燃えやすい体づくりができるというわけです。

 

 

また、免疫力を高める効果もあるので、ダイエット中に体調を崩す可能性も減らしてくれます。

 

 

このように体が活性化することで、気持ちがリラックスし、体の巡りをよくするので、ダイエットをしながら飲むには非常に向いているサプリです。

 

そんなにんにく卵黄はダイエッターの間でも欠かせない人気の食品となっているようです。

 

 

ですのでにんにく卵黄には体に嬉しい効果が期待できます。

 

にんにく卵黄サプリは効き目が早いのも特徴なので、なにか少しでも体の気になることがあったら、まずは試してみるといいと思います。

 

血の巡りを良くし、精神的にもリラックスし、体の不調がうそのように消えていくはずです。

 

 

にんにく卵黄サプリなら、毎日飲み続けることで脂肪が燃えやすい体になります。

 

健康管理にも役立つので、女性の方にもオススメですよ!

 

ダイエットだけでなく美容効果もあるという、女性には嬉しい働きが、にんにく卵黄には満載なのですね。

 

 

 

にんにく卵黄で妊活・妊娠・不妊!

 

 

にんにく卵黄といえば、滋養強壮などの健康食品として認知されていますが、にんにく卵黄の成分をみると、不妊の悩みを抱える女性や男性にとっても、効果が期待できる成分が含まれています。

 

 

さて今回は、にんにく卵黄が不妊にどう働きかけるのかを解説しています。

 

妊娠しやすい体作りを目指しているあなたはご参考にしてみてください。

 

 

 
冷え性を改善するにんにく卵黄
 

 

不妊症で悩む方で、さらに冷え性だという方は、それを改善することも大切です。そのために役立つのも「にんにく卵黄」なのです。

 

 

にんにく卵黄には血行促進や代謝促進をもたらす効果も期待できるため、にんにく卵黄の摂取を続けることで冷え性を改善することも可能になります。

 

また、不妊には「細胞の老化」というのも関係しているのですが、体が冷えやすい方は細胞が老化しやすいと言われています。

 

 

ですからそういった観点からも、にんにく卵黄の摂取は有効であると言えます。

 

 

すでに不妊治療に取り組まれている方なら、にんにく卵黄の力を借りなくてもいいかもしれません。

 

ですが「もしかして不妊かも?」というような状態だと、まだ不妊治療を開始していないことも少なくありません。

 

 

不妊治療にはお金もかかりますし、特に女性側は体への負担が心配になることもありますから、なかなか不妊治療に踏み切れないというケースも多いでしょう。

 

 

そんなときは、にんにく卵黄を試してみてはいかがでしょうか。

 

サプリメントタイプのにんにく卵黄であれば毎日手軽に摂取することができますよ。

 

 

 卵子に向かう沢山の精子イメージ画像  
男性不妊にもにんにく卵黄は効果を期待できる
 

 

不妊の原因は女性側に目がいきがちですが、男性側にもあるため、検査をするまでははっきりとわかりません。

 

 

男性側の不妊の主な原因は、無精子症や精子形成の異常、EDによる性交障害などが挙げられます。

 

 

とくに現代ではセックスレスの夫婦が増えてきていることや、晩婚化で30代以降の結婚も当たり前になってきていることもあり、男性の性欲が衰え始めたことで、不妊症を招いてしまっている場合があります。

 

 

そんなときにはにんにく卵黄に頼ってみるのも、一つの手だと思います。

 

 

にんにくに含まれるスコルヂニンという成分をマウスに与えると、発育が増進するとともに睾丸の精子形成の活動が旺盛(おうせい)となったという実験結果の記事を見つけたのです。 

 

そこには、もちろん人間の男性の精液の量と精子の数が増えることが人体実験でも明らかになっているとも書かれていました。

 

 

具体的な実験例をいうと、一回の射精で出る精液の量は平均2.4mlですが、にんにくを摂取したときのそれは4.3mlまで増えたとのことです。

 

精子の数もそれに比例したほぼ倍増していたそうです↑

 

 

別の実験では、にんにくに含まれるアミノ酸のリジンでも、精液の量を増やし精子の活動を活発にすることも確かめられたとか。

 

 

んー、恐るべしにんにくパワー!

 

 

さらにポイントは、動物では、ビタミンEが欠乏すると、メスで不妊症、オスで睾丸の萎縮(いしゅく)が起こるそうなんです。

 

しかし、にんにく卵鵜に含まれるにんにく成分のアリシンが、卵黄のレシチンの脂質と結合した「脂質アリシン」は、ビタミンEと同じ働きをすることもわかっているんですって!!(卵黄自体にもビタミンEが含まれています。)

 

 

なんか、すごくないですか!

 

 

男性不妊で悩む我が家には夢のようなお話しです。

 

 

 

さらににんにく卵黄には様々な効果・効能があります。

     
  • 自律神経失調症に効果的、めまいにも有効
  •  
  • 糖尿病の予防や、血糖値の上昇をふせぐ効果
  •  
  • 良い睡眠が得られ、朝の目覚めから疲れがなくなる効果
  •  
  • 痛風に有効や喘息への効果
 

ここまでにんにく卵黄が疲れやだるさに効果のある食品と解説してきましたが忘れないでほしいのが、にんにく卵黄はあくまで食品だということです。

 

 

実感するには個人差もあるため、すぐにいいと感じる人もいますし、なかなか感じないという人もいます。

 

医薬品ではなく健康をサポートする食品なため、約3か月くらい飲み続けると効果が期待できますよ。

 

にんにくと卵黄と仙人力(瓶と箱)商品画像  

 どうしても次の日に疲労感が残っている人は多いはず!

 

忙しい現代人にとって疲労を回復するということは、イキイキとした生活を送るために重要なことです。

 

 

そんなときは烏骨鶏のにんにく卵黄サプリメントで体力を回復するのがおすすめです!

 

 

にんにく卵黄は、にんにくの主成分アリシンと、卵黄のビタミンB1によって生成されたアリチアミンが、疲労回復に大きく関係しています。

 

また、疲労によって支障をきたす肝臓、高血糖、睡眠など、こちらも効果が期待できるので、お悩みの人は検討してみて下さい。

 

現在、私も数年間飲んでいる烏骨鶏の本格にんにく卵黄をご紹介しますね。

 

 

▼送料無料!純血種烏骨鶏のにんにく卵黄「仙人力」はコチラ▼

にんにく卵黄ご購入で、産みたて烏骨鶏の生卵がプレゼント中です!

にんにく卵黄「仙人力」の画像,効果,効能  

「仙人力」は烏骨鶏養鶏場「松本ファーム」だけのオリジナル商品です。

 

じつは松本ファームの「仙人力」は楽天の人気商品なんです。

 

楽天からの購入で楽天ポイントも付くのでお得ですよね。

 

さらに「仙人力」をご購入で新鮮な烏骨鶏の卵が無料でプレゼント中!

 

薬膳食材の王様烏骨鶏卵を使った「卵かけごはん」デビューしてみませんか♪

 

 

 
大地の恵み「仙人力」おすすめポイント!
 

にんにくと卵黄にこだわった本物だから違いが歴然

 

大地の恵み「仙人力」です。

 

松本ファームさんの大地の恵み「仙人力」は、まるごと「烏骨鶏卵黄」+「にんにく」が贅沢に使われています。

 

卵黄を使った商品には、卵油・卵黄油・にんにく卵黄など世の中には健康食品がごまんとありますが、現れてはすぐ消える商品も数多く存在しています。

 

大地の恵み「仙人力」は誕生してから22年が経過しました。

 

何年も継続して続けてくださる多くのリピーター様たちが、それだけ良い製品だと実感しているからでしょう。

 

択ばれ続けている大地の恵み「仙人力」

 

試してみてください。

 

 

烏骨鶏にんにく卵黄の正しい飲み方

 

 

烏骨鶏にんにく卵黄は飲み方によって効果を高めることが可能です。

 

 

逆に、間違った飲み方を続ければ体への負担になってしまうこともあるので、にんにく卵黄を購入する前に正しい飲み方を知っておくことが大切です。

 

 

 
空腹時はなるべく飲まない
 

 

にんにくには強力な殺菌作用があります。

 

 

この殺菌作用は時に諸刃の剣になってしまうことがあり、胃が空の状態で摂取すると胃の中が荒れてしまう恐れがあります。

 

 

また、食後でもにんにく卵黄を一度に大量に飲むことで、胃や腸の刺激になってしまいます。

 

 

最初は、メーカーの推奨する摂取量よりも少なめから始めて、徐々に飲む量を増やしていきましょう。

 

 

 
飲む時間帯を決めておく
 

 

にんにく卵黄は1日1回飲むのが基本ですが、飲むタイミングは毎日同じ時間帯にしましょう。

 

 

ある日は朝食後、その次の日は夕食後といった飲み方をしてしまうと、体内に残留するにんにく卵黄の成分にバラつきが出てしまい上手く機能しないことがあります。

 

 

毎日夕食後に飲むなど、決められた時間帯に飲むことで、にんにく卵黄の健康パワーを常に持続させることができるのです。

 

 

 
基本は食事中、または食後に飲むこと
 

 

にんにく卵黄を飲むタイミングは「食事中」か「食事後」がおすすめです。

 

 

その理由は今回何度も登場している「アリチアミン」という成分です。

 

 

にんにく卵黄に含まれるアリチアミンは、単体で摂取するよりも他の食品と合わせることで相乗効果を生みます。

 

 

また、コレステロール値を下げる効果もあるので、脂っぽい食事の時などには、一緒ににんにく卵黄を飲むと良いでしょう。

 

その効果のため、動脈硬化や脂質異常症などの成人病を予防することが期待できます。

 

 

 
 
松本ファームのにんにく卵黄「仙人力」- 商品紹介
 

 

にんにくと卵黄と仙人力(瓶と箱)商品画像  

 

烏骨鶏卵を使ったにんにく卵黄にもいろいろな種類がありますが、この松本ファームのにんにく卵黄「仙人力」が断トツの人気を誇(ほこ)っているといいます。

 

その人気の秘密は、無臭加工をしても芽がでてくる「活性無臭にんにく」や「純血種の烏骨鶏卵」と「50種類以上の酵素」が含まれ、健康サポート効果が高い点にあります。

 

 

 
新鮮なうちに製品化
 

そもそも松本ファームは、純血種の烏骨鶏専門養鶏場です。

 

そのため、松本ファームでは、産みたてのたまごをそのまま鶏舎と隣接する加工場へ送り、有効成分を豊富に含んだ最高鮮度の状態で製品作りに仕様されます。

 

 

卵作りからにんにく卵黄という製品まで自社で全て製造する事でこだわりのある品質の高い製品を製造されております。

 

また、産んですぐ工場に運ばれますので新鮮さも抜群なんですよ。

 

 

 烏骨鶏卵の画像  
「卵の王様」の希少性 純血種の落とす「食べる宝石」
 

烏骨鶏のパワーを100%発揮できるのは、なんといっても純血種。

 

しかし、性質がデリケートで繁殖が困難なため、非常に希少な存在です。

 

その純血種が1ヶ月に3~4個しか産まないため、市場では1個500~600円の高値がついています。

 

その希少な純血種の卵をにんにく卵黄「仙人力」の原料にこれでもかと贅沢に使用しています。

 

 

 
圧倒的な栄養価 これ以上ない栄養食
 

烏骨鶏・純血種の卵は、一般的な鶏の卵と比べると、味は濃く、粘り気とコクがあります。

 

割って見ただけでも、一目で違いがわかるほどです。

 

そして、ビタミン群、鉄分、亜鉛、カロテンなど高バランス栄養食として名高い鶏卵をも遥かに凌駕する、高い栄養価が特徴です。

 

 

 
たしかな安全性
 

松本ファームのにんにく卵黄「仙人力」には合成保存料や合成着色料、化学薬品を一切利用せず製造していますので安心です。

 

妊活や人間の健康を司る製品としてはとても重要な内容です。

 

 

 
松本ファームだけの製造技術
 

活性無臭にんにく。

 

聞いたことがありますか?

 

松本ファームが作ったオリジナルの無臭にんにくです。

 

 

製造過程でにんにくを無臭化します。

 

 

でもこの無臭化の行程でにんにく本来のパワーを壊してないか?

 

これが問題でした。

 

松本ファームでは無臭化しつつにんにくパワーを損なわない方法を研究しました。

 

 

完成した無臭にんにく。

 

 

数日間放置すると芽がでてきます!

 

 

生きているから「活性無臭にんにく」なのです。

 

活性無臭にんにくをまるごと使ったにんにく卵黄「仙人力」」、ぜひご体験ください。

 

 

 
香川県さぬき市のにんにく!
 

大地の恵み「仙人力」で使用しているにんにくは香川県さぬき市産のにんにくです。

 

あまり広く知られてはいませんが、実は香川県のにんにく生産量は青森県に次いで全国2位。

 

 

その香川県でも東讃地方ではさぬき市津田町近辺で多く栽培されています。

 

近年、安価な輸入品のにんにくが多いですが、香川県産品は高品質で市場からも高い評価を得ています。

 

 

松本ファームのにんにく卵黄「仙人力」で使用しているにんにくはこの地元の契約農家から直接購入しています。

 

同じ地元で生産されているから安心です。

 にんにくの画像  

さらにニンニクには抗酸化物質と抗炎症性の栄養素が豊富に含まれています。

 

これらの栄養素は、肝臓と血液を清潔に保ち、病気を予防します。

 

 

さらに、ニンニクに含まれる硫黄化合物は毒素の排出を促進します。

 

そして、体液貯留などによって引き起こされる炎症を和らげる利尿作用もあります。

 

 

ニンニクには、質の良いビタミンやミネラルが含まれていて、身体の免疫力を高め、様々な病気から私たちを守ってくれます。

 

 

 
安心の23年の実績
 

全く新しい烏骨鶏製品として誕生した大地の恵み「仙人力」。

 

早いもので誕生してからもう23年が経過しました。

 

 

世の中には健康食品がごまんとありますが、現れてはすぐ消える商品も数多く存在しています。

 

にんにく卵黄「仙人力」をご利用いただく多くはリピーターの皆様。

 

 

何年も継続して続けてくださる方がとても多いのは、それだけ良い商品だと体感してくださっているからです。

 

23年の実績があるにんにく卵黄「仙人力」。

 

 

是非お試しくださいませ。

 

 

松本ファーム連絡先

 

TEL : 0879-42-5760

松本ファーム お問い合わせページ  

 

 にんにく卵黄「仙人力」の画像  

 

大地の恵み「仙人力」1箱

10,300円 税込、送料無料

原材料:活性無臭にんにく・烏骨鶏の卵・酵素・卵酢・ゼラチン

内容量:90粒

保存方法:常温保存

1年間(箱底面に表示)

 

▼送料無料!松本ファームのにんにく卵黄「仙人力」はコチラ▼

にんにく卵黄ご購入で、産みたて烏骨鶏の生卵がプレゼント中です!

 

 

烏骨鶏の動く姿! (動画です)

これは無料動物公園での烏骨鶏の様子です。

純血種烏骨鶏のにんにく卵黄に使われている卵を生んでいる烏骨鶏の動画です。

つい動画をとってしまいました。

 

 

おすすめ記事

 

Check!

【本格】烏骨鶏のにんにく卵黄の関連記事です!!

 

 

最後までお読みいただいてありがとうございます。

 

 

ご参考になれば幸いです。

 

 


▲ページの先頭へ